このエントリーをはてなブックマークに追加
アベ ヒロキ / abe , hiroki

研究者情報

研究者番号 日本の研究.com : 199044
科研費研究者番号 : 80086727
所属 東大・農学生命科学研究科・教授
※日本の研究.com内の研究課題情報などから、最近の所属情報を取得しています。研究者の現在の所属とは異なる場合があります。
研究分野 水産学

関連キーワード

※このページの内容は、日本の研究.com内の研究課題情報などから自動的に生成されています。研究者が実際に専門としている内容とは異なる場合があります。

関連カテゴリ

所属情報

※日本の研究.com内の研究課題情報に記載されている所属情報などをもとにタイムラインを自動生成してるため、
実際の経歴とは異なります。正確な情報については、研究機関や研究室などで公表されている情報をご確認ください。

進行中の研究課題

進行中の研究課題は登録されていません。

終了した研究課題

水生動物におけるアミノ酸ラセマーゼの分子系統学的解析

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(B)
研究期間 2006年度~2007年度(平成18年度~平成19年度) 配分総額 17,110,000円
当時の所属 東大・農学生命科学研究科・教授

コイD-アミノ酸オキシダーゼのゲノムDNA構造およびプロモーター領域の解析

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 特別研究員奨励費
研究期間 2005年度~2007年度(平成17年度~平成19年度) 配分総額 2,400,000円
当時の所属 東京大学・大学院農学生命科学研究科・教授

水生無脊椎動物におけるD-アミノ酸バイオシステムの普遍性解析

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(B)
研究期間 2004年度~2005年度(平成16年度~平成17年度) 配分総額 14,600,000円
当時の所属 東京大学・大学院・農学生命科学研究科・教授

軟体動物におけるD-およびL-乳酸の機能解明

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 萌芽研究
研究期間 2003年度~2004年度(平成15年度~平成16年度) 配分総額 3,200,000円
当時の所属 東京大学・大学院・農学生命科学研究科・教授

水生生物における遊離D-アミノ酸代謝酵素の遺伝子解析

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(B)
研究期間 2002年度~2003年度(平成14年度~平成15年度) 配分総額 14,900,000円
当時の所属 東京大学・大学院・農学生命科学研究科・教授

無脊椎動物における遊離D-アミノ酸の代謝酵素系とその調節

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(B)
研究期間 2000年度~2001年度(平成12年度~平成13年度) 配分総額 16,300,000円
当時の所属 東京大学・大学院・農学生命科学研究科・教授

水産練り製品の品質改良を目指した魚肉タンパク質のゲル形成機能部位の同定とその利用

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(A)
研究期間 1998年度~2000年度(平成10年度~平成12年度) 配分総額 31,400,000円
代表者 渡部終五 科学研究費助成事業 東京大学・大学院・農学生命科学研究科・教授

水産発酵食品の呈味有効成分とD型アミノ酸の味への寄与

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(C)
研究期間 1997年度~1999年度(平成9年度~平成11年度) 配分総額 3,800,000円
当時の所属 東京大学・大学院・農学生命科学研究科・教授

甲殻類における遊離D-アラニンの浸透圧調節物質としての生理機能

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(C)
研究期間 1995年度~1996年度(平成7年度~平成8年度) 配分総額 2,500,000円
当時の所属 共立女子大学・家政学部・教授

魚介類筋肉における遊離Lーヒスチジン関連化合物の生理的機能

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 一般研究(C)
研究期間 1988年度~1989年度(昭和63年度~平成元年度) 配分総額 2,400,000円
当時の所属 共立女子大学・家政学部・助教授

死後硬直の遅延に基づく生鮮魚の新流通法の開発

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 試験研究
研究期間 1987年度~1988年度(昭和62年度~昭和63年度) 配分総額 23,700,000円
代表者 橋本周久 科学研究費助成事業 東京大学・農学部・教授

魚介類の含窒素エキス成分に関する生理化学的研究

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 総合研究(A)
研究期間 1985年度~1986年度(昭和60年度~昭和61年度) 配分総額 12,400,000円
代表者 鴻巣章二 科学研究費助成事業 東大・農学部・教授

新着記事・プレスリリース
共役系高分子マイクロ球体からの“ささやきの回廊”発光を初めて観測  ~新しい有機フォトニクス材料の発見~

[プレスリリース] 共役系高分子マイクロ球体からの“ささやきの回廊”発光を初めて観測 ~新しい有機フォトニクス材料の発見~


筑波大学
山本洋平
科学研究費助成事業

筑波大学・数理物質科学研究科(系)・准教授 - 2013年度(平成25年度)
微生物の力で合成界面活性剤の使用量を大幅に低減-納豆菌が作り出す環状ペプチドは、微量でも界面活性剤の働きを増強-

[プレスリリース] 微生物の力で合成界面活性剤の使用量を大幅に低減-納豆菌が作り出す環状ペプチドは、微量でも界面活性剤の働きを増強-


産業技術総合研究所
北本大
科学研究費助成事業

産総研・環境調和・主任研究員 - 2002年度(平成14年度)
平敏彰
科学研究費助成事業

独立行政法人産業技術総合研究所・研究員 - 2014年度(平成26年度)
タンパク質分解装置の活性低下が細胞死を引き起こす初期経路の同定と食品成分による回復

[プレスリリース] タンパク質分解装置の活性低下が細胞死を引き起こす初期経路の同定と食品成分による回復


京都大学
阪井康能
チーム型研究 先端的低炭素化技術開発 科学研究費助成事業

京都大学・(連合)農学研究科(研究院)・教授 - 2014年度(平成26年度)
宝関淳
科学研究費助成事業

京都大学・准教授 - 2014年度(平成26年度)
<速報>新潟県におけるヒトパレコウイルス3型感染症の患者報告の急増

[プレスリリース] <速報>新潟県におけるヒトパレコウイルス3型感染症の患者報告の急増


国立感染症研究所 新潟大学
斉藤昭彦
科学研究費助成事業 厚生労働省

新潟大学・医歯学系・教授 - 2014年度(平成26年度)
<速報>生後3か月未満の乳児におけるヒトパレコウイルス感染症の発生

[プレスリリース] <速報>生後3か月未満の乳児におけるヒトパレコウイルス感染症の発生


国立成育医療研究センター 国立感染症研究所
宮入烈
厚生労働省

国立成育医療研究センター 感染症科 - 2013年度(平成25年度)

もっと見る

研究者アクセスランキング
1位:

小保方晴子

科学研究費助成事業

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター ユニットリーダー - 2012年度(平成24年度)
2位:

寺田泰比古

科学研究費助成事業

早稲田大学・理工学術院・教授 - 2011年度(平成23年度)
3位:

若山清香

科学研究費助成事業

山梨大学・生命環境学部・助教 - 2014年度(平成26年度)
4位:

村山明子

個人型研究 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業

筑波大学大学院生命環境科学研究科講師 - 2010年度(平成22年度)
5位:

松田範昭

厚生労働省

株式会社スリー・ディー・マトリックス - 2012年度(平成24年度)

もっと見る

研究課題アクセスランキング
詳細検索: 研究者 | 課題 | 記事

※事業区分について