事業区分 カテゴリツリー

期間:環境整備 0.5 年、プロジェクト実施 5.0 年の計 5.5 年。
(特別重点期間1年延長あり。)
支援:総額12億円程度 (2億/年度×6年度)

日本が豊かな未来を切り開くため、また国際社会での然るべき貢献を十分果たすためにも、科学技術の創造的な研究、特に基礎的な研究をより一層充実させ、しっかりとした工業立国を建設していくことは不可欠な課題の一つです。

このような認識のもとに、昭和56年(1981年)に創造科学技術推進事業(Exploratory Research for Advanced Technology;ERATO)が発足しました。その後、第2期科学技術基本計画や総合科学技術会議の推進戦略など、新しい時代の要請を踏まえ発展的に解消し、平成14年度(2002年度)より戦略的創造研究推進事業・総括実施型研究(ERATO)として新たなスタートを迎えました。

戦略的創造研究推進事業とは、国の科学技術政策や社会的・経済的ニーズを踏まえ、国が定めた戦略目標の達成に向けた課題解決型基礎研究を推進するものです。

この中でERATOでは、戦略目標等の達成に向け、新技術の創出に資する可能性が高い研究領域及びその研究領域の運営の責任者である研究総括を定め、研究総括が自らの研究構想(=研究領域)の実現を目指して研究者を結集し、直接指揮して研究を推進します。

ERATOの先導的な研究システムに対する国内外の評価は高く、我が国の基礎研究において独特の存在感を示していると言えます。発足後30年を経過した現在においても、創造科学技術推進事業の精神と特徴を引き継ぎ、独創的で先駆的な基礎的研究課題への挑戦を推進しています。

http://www.jst.go.jp/erato/

関連記事をもっと見る
五十嵐健夫

五十嵐健夫

CREST さきがけ ERATO SORST KAKEN 東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授 - 2017年度(H.29)
推定分野
川原圭博

川原圭博

さきがけ ERATO JSPS KAKEN MHLW NEDO MIC 東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授 - 2017年度(H.29)
岡ノ谷一夫

岡ノ谷一夫

さきがけ ERATO KAKEN ImPACT 東京大学 大学院総合文化研究科 教授 - 2017年度(H.29)
関連研究者をもっと見る
推定分野
研究期間 2017年度~2022年度 (H.29~H.34) 配分総額 1,200,000,000 円
代表者 水島昇 東京大学 大学院医学系研究科
推定分野
研究期間 2017年度~2022年度 (H.29~H.34) 配分総額 1,200,000,000 円
代表者 稲見 昌彦 東京大学 先端科学技術研究センター
推定分野
研究期間 2016年度~2021年度 (H.28~H.33) 配分総額 1,200,000,000 円
代表者 蓮尾一郎 東京大学 大学院情報理工学系研究科
研究期間 2016年度~2021年度 (H.28~H.33) 配分総額 1,200,000,000 円
代表者 沼田 圭司 理化学研究所 環境資源科学研究センター バイオマス工学研究部門酵素研究チーム
研究期間 2016年度~2021年度 (H.28~H.33) 配分総額 1,200,000,000 円
代表者 中村 泰信 東京大学 先端科学技術研究センター
研究期間 2015年度~2020年度 (H.27~H.32) 配分総額 1,200,000,000 円(最大)
代表者 野村暢彦 筑波大学 生命環境系
推定分野
研究期間 2015年度~2020年度 (H.27~H.32) 配分総額 1,200,000,000 円(最大)
代表者 川原圭博 東京大学 大学院情報理工学系研究科
推定分野
研究期間 2015年度~2020年度 (H.27~H.32) 配分総額 1,200,000,000 円(最大)
代表者 山元公寿 東京工業大学 資源化学研究所
研究期間 2014年度~2019年度 (H.26~H.31) 配分総額 1,200,000,000 円
代表者 百生敦 東北大学 多元物質科学研究所 教授
研究期間 2014年度~2019年度 (H.26~H.31) 配分総額 1,200,000,000 円
代表者 齊藤 英治 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構/金属材料研究所
関連研究課題をもっと見る