事業区分 カテゴリツリー

世界に先駆けて、iPS細胞等を使った再生医療・創薬を臨床応用に繋げるため、安全性・標準化に関する研究、再生医療用iPS細胞ストックの構築、疾患・組織別に再生医療の実現を目指す研究体制を構築し、iPS細胞等の実用化を推進します。
 
※平成27年4月1日、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)設立に伴い、実地機関が AMED に移管された事業です。
 AMED移管前の情報こちら。
 http://www.jst.go.jp/saisei-nw/

https://www.amed.go.jp/program/list/01/02/001.html

関連記事をもっと見る
高折晃史

高折晃史

KAKEN MHLW AMED 京都大学 医学(系)研究科(研究院) 教授 - 2019年度(R.1)
関連研究者をもっと見る
関連研究課題をもっと見る