事業区分 カテゴリツリー

新しい原理や革新的技術に基づいた医療機器につながる技術・機器・システムや、新たな診断・治療技術を創出するためのターゲット(マーカーや症状)の探索解明を目的とした計測分析技術を開発します。

事業推進方法
本プログラムは、新しい原理や革新度の高い「技術シーズ」を核とし、新たな治療方法・予防方法・診断方法の創出につながる要素技術・機器及びシステムの開発を支援します。大学等の「技術シーズ」を発掘し、大学等・企業・医療現場の連携を通じて、医療機器等や分析計測機器の研究開発を担い、医療イノベーション創出を目指します。生み出された成果は、将来的に医療機器等や分析計測機器として製品化され、医療現場での普及、国内外の市場獲得に着実につなげることを目指します。

「先端計測分析技術・機器開発プログラム」は、文部科学省事業としてAMEDと科学技術振興機構(JST)がそれぞれ実施しており、AMEDでは、「医療機器開発につながる技術シーズ」の医療応用(医療機器としての実用化)を推進。

https://www.amed.go.jp/program/list/02/01/001.html

関連記事をもっと見る
濱田 謙一

濱田 謙一

AMED JSR株式会社 - 2019年度(R.1)
関連研究者をもっと見る
関連研究課題をもっと見る