事業区分 カテゴリツリー

① 調査研究・準備研究フェーズ(平成 26 年度~平成 27 年度)
各重点課題に関するアプリケーション開発・研究開発について,開発計画(研究開発内容,目標・期待される成果,実施体制,必要計算資源,工程表,所要経費等)の詳細を策定します。また,策定した開発計画に基づき,アプリケーション開発の本格実施に向けた準備(実施体制構築の着手,コデザインの先行作業等)を進めます。
② 本格実施フェーズ(平成 28 年度~平成 31 年度)
策定した開発計画に基づき,「京」等の既存の計算資源を用いて重点課題に関するアプリケーションの開発を本格的に実施するとともに,ポスト「京」の利活用による成果創出に向けた知見の獲得や計算手法の確立を図ります。
③ 成果創出フェーズ(平成 32 年以降)
平成 32 年頃のポスト「京」の運用開始に併せて,ポスト「京」を用いて,平成 31 年度までに開発した重点課題に関するアプリケ-ションを利活用した研究開発を行い,成果を創出します。

関連記事をもっと見る
池口満徳

池口満徳

CREST KAKEN MEXT AMED 横浜市立大学 生命医科学研究科 教授 - 2019年度(R.1)
推定分野
関連研究者をもっと見る
関連研究課題をもっと見る