事業区分 カテゴリツリー

期間:2022年度末まで
規模:上限 45,000 千円

海水中のマイクロプラスチックを自動で検出するセンサ等の技術開発を行うことを目標とします。

<求める技術開発>
○海水中のマイクロプラスチックの浮遊個数の定量的把握が可能であること
○サイズ(最大長さ)が 1.0 mm を下回るマイクロプラスチックが検出できること
○船上や無人プラットフォーム上で分析ができるよう小型かつ軽量であること

関連記事をもっと見る 関連研究者をもっと見る 関連研究課題をもっと見る