研究費情報

年度 年度総額
2014 115,000,000 円
2015 115,000,000 円
2016 115,000,000 円
2017 115,000,000 円
2018 115,000,000 円
総額
575,000,000 円

※このページの内容は、引用元からデータを取得した時点の情報のため、実際の情報と異なったり、古い情報が掲載されている可能性があります。
それぞれの情報の詳細や最新の情報については、各引用元サイトをご覧ください。

※研究課題のタイトルや概要文などから、日本の研究.com独自の分野自動推定アルゴリズムで研究分野の推定を行っております。
詳しくは [ 推定分野について ] をご覧ください。

生産現場で薬剤抵抗性の発達が問題となっている、あるいは今後問題になる恐れのある重要病害虫を対象として、薬剤抵抗性の遺伝子診断技術を開発し、薬剤抵抗性の発達レベルに応じて代替薬剤や各種防除手段を適切に組み合わせることにより、抵抗性の発達を回避または大幅に遅延させる薬剤抵抗性管理ガイドライン案を策定する。

国立大学法人京都大学, 日本農薬株式会社総合研究所, 国立大学法人岡山大学, 熊本県農業研究センター, 長野県野菜花き試験場, 北海道立総合研究機構, 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, 日本曹達株式会社, 宮崎県総合農業試験場, 大分県農林水産研究指導センター, 和歌山県農業試験場, 茨城県農業総合センター園芸研究所, 地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所, 静岡県農林技術研究所, 奈良県農業総合センター, 学校法人近畿大学, 独立行政法人農業環境技術研究所, 福岡県農業総合試験場, 佐賀県農業試験研究センター, 三重県農業研究所

PRM01 コナガの薬剤抵抗性機構の解明と管理技術の開発:農研機構 中央農業研究センター
PRM02 チャノコカクモンハマキの薬剤抵抗性機構の解明と管理技術の開発:静岡県農林技術研究所茶業研究センター
PRM03 ワタアブラムシの薬剤抵抗性メカニズム解明と管理技術の開発:農研機構 果樹茶業研究部門
PRM04 ネギアザミウマの薬剤抵抗性メカニズム解明と管理技術の開発:農研機構 野菜花き研究部門
PRM05 ナミハダニの薬剤抵抗性メカニズム解明と管理技術の開発:京都大学
PRM06 水稲害虫(ウンカ類)の薬剤抵抗性メカニズム解明と管理技術の開発:農研機構 九州沖縄農業研究センター
PRM07 害虫タイプ別/薬剤組み合わせ別、抵抗性発達遅延戦略の構築:農研機構 農業環境変動研究センター
PRM08 薬剤抵抗性水稲病原菌の発生・伝搬抑制技術の高度化(平成28年度終了):農研機構 中央農業研究センター

PRM1101 コナガのジアミド剤抵抗性原因遺伝子の同定と次世代判定手法の開発:農業生物資源研究所
PRM1102 コナガの薬剤抵抗性の分子機構の解明:京都大学
PRM1103 ジアミド系殺虫剤等に対するコナガの感受性検定及び遺伝様式の解析:日本農薬(株)
PRM1104 ローテーション構成殺虫剤の選択基準設定ならびに効果の確認:岡山大学
PRM1105 西南暖地におけるジアミド系殺虫剤抵抗性コナガ個体群の特性解明と抵抗性発達過程の解析及び殺虫剤抵抗性予測技術の検証と管理技術の策定:熊本県農業研究センター
PRM1106 高冷地におけるコナガの分布拡大とジアミド系殺虫剤抵抗性発達過程の解析及び殺虫剤抵抗性予測技術の検証と管理技術の策定:長野県野菜花き試験場
PRM1107 非越冬地域におけるコナガの薬剤連用ほ場での防除効果の推移と抵抗性モニタリング及び春季飛来個体群の殺虫剤抵抗性検定による北日本越冬不可能地域に対応した管理技術の策定:地方独立行政法人北海道立総合研究機構 中央農業試験場
PRM1201 次世代型シークエンサーによるチャノコカクモンハマキの殺虫剤抵抗性機構の解明とモニタリング指標の開発:農業生物資源研究所
PRM1202 殺虫剤抵抗性チャノコカクモンハマキの発生実態把握と管理技術の開発:静岡県農林技術研究所茶業研究センター
PRM2101 ネオニコチノイド剤抵抗性ワタアブラムシの遺伝子診断技術の開発と遺伝的多型解析による殺虫剤抵抗性発達過程の解明:果樹研究所
PRM2102 ワタアブラムシのネオニコチノイド剤抵抗性の分子機構の解明と検証:日本曹達(株)
PRM2103 アブラムシ類の検定マニュアルの作成とネオニコチノイド剤抵抗性ワタアブラムシ個体群の適応度解明及び代替薬剤による薬剤抵抗性管理技術の策定:宮崎県総合農業試験場
PRM2104 ネオニコチノイド剤抵抗性ワタアブラムシ既発生地における発生実態の解明と生物的防除を核とした薬剤抵抗性管理技術の策定:大分県農林水産研究指導センター
PRM2105 新規発生地域におけるネオニコチノイド剤抵抗性ワタアブラムシの発生実態の解明と物理的防除を核とした薬剤抵抗性管理技術の策定及び検証:和歌山県農業試験場
PRM2201 微小害虫の網羅的遺伝子配列セットの整備と遺伝子診断技術開発:農業生物資源研究所
PRM2202 ネギアザミウマの薬剤抵抗性発達を遅延させる適応度コストの解析と遺伝子診断技術を適用した防除体系の策定:野菜茶業研究所
PRM2203 ネギアザミウマの合成ピレスロイド剤抵抗性簡易診断技術の開発と抵抗性系統の分布実態調査及びネギ属野菜での抵抗性予測技術の検証と薬剤使用判断基準の策定:地方独立行政法人北海道立総合研究機構 中央農業試験場
PRM2204 ネギアザミウマ薬剤抵抗性の発達状況と茨城県等の大規模畑作地帯における遺伝子診断技術を用いた生殖型と薬剤抵抗性解析による防除体系の検証 茨城県農業総合センター
PRM2205 アザミウマ類の薬剤検定マニュアル策定と大阪府におけるネギアザミウマの薬剤感受性の実態解明及び遺伝子診断技術を用いた薬剤抵抗性解析の有効性検証:大阪府立環境農林水産総合研究所
PRM2301 ナミハダニ薬剤抵抗性原因遺伝子の解明と抵抗性診断法の開発:京都大学
PRM2302 ナミハダニの薬剤抵抗性の実態解析と遺伝子診断・物理的防除法に基づく薬剤抵抗性管理技術の開発:静岡県農林技術研究所
PRM2303 ハダニ類検定マニュアルの作成と遺伝子診断・生物的防除法に基づく薬剤抵抗性管理技術の開発:奈良県農業研究開発センター
PRM3001 ゲノム情報に基づくウンカ類の殺虫剤抵抗性原因遺伝子の同定と遺伝子診断技術の開発:農業生物資源研究所
PRM3002 ウンカ類の殺虫剤抵抗性原因遺伝子産物の構造基盤と機能解析:近畿大学
PRM3003 ウンカ類の殺虫剤抵抗性のモニタリング及び抵抗性管理方策の確立:九州沖縄農業研究センター
PRM4101 ワタアブラムシにおける殺虫剤抵抗性発達リスク解析と抵抗性管理のためのガイドライン策定:中央農業総合研究センター
PRM4102 ハダニ類における薬剤抵抗性発達リスク解析と抵抗性管理のためのガイドライン策定:京都大学
PRM4103 コナガにおける殺虫剤抵抗性発達リスク解析と抵抗性管理のためのガイドライン策定:岡山大学
PRM4104 アザミウマ類における殺虫剤抵抗性発達リスク解析と抵抗性管理のためのガイドライン策定:野菜茶業研究所
PRM4201 害虫タイプ別/薬剤組み合わせ別、抵抗性発達遅延戦略の構築:農業環境技術研究所
PRM4202 遺伝的構造の解析による殺虫剤抵抗性コナガの移動分散実態の解明:中央農業総合研究センター
PRM5001 薬剤抵抗性水稲病原菌の発生・伝搬モデルの構築:中央農業総合研究センター
PRM5002 薬剤抵抗性水稲病原菌の高感度検出・定量法と簡易検定法の開発:九州沖縄農業研究センター
PRM5003 薬剤抵抗性菌広域発生地域における代替防除体系の確立と効果検証:福岡県農林業総合試験場
PRM5004 薬剤抵抗性菌低密度発生地域における防除体系の確立と効果検証:佐賀県農業試験研究センター
PRM5005 薬剤抵抗性菌未発生地域における防除体系の確立と効果検証:三重県農業研究所