研究課題情報

研究課題番号

日本の研究.com 研究課題ID 日本の研究.com : 1041672

研究期間 2018年度 ~ 2027年度
(平成30年度 ~ 平成39年度)
事業区分
関連リンク

開く

研究費情報

年度 年度総額
2018 700,000,000 円 (最大)
2019 700,000,000 円 (最大)
2020 700,000,000 円 (最大)
2021 700,000,000 円 (最大)
2022 700,000,000 円 (最大)
2023 700,000,000 円 (最大)
2024 700,000,000 円 (最大)
2025 700,000,000 円 (最大)
2026 700,000,000 円 (最大)
2027 700,000,000 円 (最大)
総額
7,000,000,000 円(最大)

期間:最長10年間、5年延長あり
支援:原則年間 7 億円を上限

※このページの内容は、引用元からデータを取得した時点の情報のため、実際の情報と異なったり、古い情報が掲載されている可能性があります。
それぞれの情報の詳細や最新の情報については、各引用元サイトをご覧ください。

※研究課題のタイトルや概要文などから、日本の研究.com独自の分野自動推定アルゴリズムで研究分野の推定を行っております。
詳しくは [ 推定分野について ] をご覧ください。

前田理

前田理

CREST KAKEN MEXT 北海道大学 北海道大学大学院 理学研究院 化学部門 教授 - 2018年度(H.30)
推定分野

本拠点では、計算科学による化学反応経路の導出、情報科学による反応経路の選別や統合、有機化学から材料化学、医療分野にまで及ぶ実験科学による実証と理論へのフィードバックによる融合研究を行う。これにより人類が未来を生き抜く上で必要不可欠な化学反応を、新たに複雑なネットワークとして理解し、自在に制御することを目指す。
新しい化学反応の開発の難しさは物質科学全体のボトルネックとなっている。そこで量子化学計算による最新の反応経路探索、情報科学との連携、実験科学による実証で、化学反応を本質的に理解し、新しい反応を合理的かつ大幅に効率よく開発する。これを可能にする新学問領域「化学反応創成学」を確立し、今後人類が必要とする化学反応や新材料の高度なデザインと迅速開発を実現する。
「化学反応創成学」を世界中の研究者や大学院生に伝える「MANABIYA(学び舎)システム」を構築し、高度人材の世界的循環と分野横断型共同研究の実現を目指す。