研究課題情報

研究課題番号

日本の研究.com 研究課題ID 日本の研究.com : 128568

厚生労働科学研究費補助金 : 201231005B

研究期間 2010年度 ~ 2012年度
(平成22年度 ~ 平成24年度)
事業区分
事業分野

研究費情報

年度 年度総額
2010 34,837,000 円
2011 26,827,000 円
2012 20,770,000 円
総額
82,434,000 円

※このページの内容は、引用元からデータを取得した時点の情報のため、実際の情報と異なったり、古い情報が掲載されている可能性があります。
それぞれの情報の詳細や最新の情報については、各引用元サイトをご覧ください。

※研究課題のタイトルや概要文などから、日本の研究.com独自の分野自動推定アルゴリズムで研究分野の推定を行っております。
詳しくは [ 推定分野について ] をご覧ください。

薬剤性肺障害,特発性肺線維症急性増悪に関与する遺伝因子の解明近年,日本人肺の脆弱性が指摘されている(Azuma A,Hagiwara K,Kudoh S. Am J Respir Crit Care Med. 177:1397,2008).(1)薬剤性肺障害が他国(西洋や他のアジア人)より高頻度で見られ,高率に致死的な経過をたどること(Azuma and Kudo,JMAJ 50:1-7,2007:表1),(2)肺線維症を有する患者で他国より高頻度に急性増悪が起こり,高い致死率を示すと推定されること(Azuma et al. Am J Respir Crit Care Med. 177:1397,2008)が典型例である(表1).これ以外にも(3)皮膚筋炎に伴うびまん性肺胞障害(DAD)型の急性間質性肺炎は海外では非常に少ない(Kameda et al. J Rheumatol 34:1719,2005及び亀田私信).(4)肺線維症合併肺手術後の肺線維症急性増悪は海外にはあまり見られない(工藤私信)などがある.日本人は,特定の条件下で,びまん性肺胞障害(DAD)を起こしやすいようだ.

a. サンプル採集特発性肺線維症急性増悪および薬剤性肺障害が疑われる呼吸器疾患患者より,末梢血リンパ球を採取,DNAを分離するとともに,EBウイルスを感染させてB細胞を不死化し,再度のDNA調整に備えたb. 臨床情報,画像情報収集特発性肺線維症急性増悪および薬剤性肺障害で,本研究にてDNAを採集した患者の臨床情報,画像情報を収集した.c. エクソーム解析全国30の協力医療機関より,442例の患者検体(イレッサ肺障害+タルセバ肺障害49例,ザーコリ肺障害3例,ドセタキセル38例など薬剤性肺障害合計262例,特発性肺線維症急性増悪141例など間質性肺疾患180例)を収集した.そのうち,患者データ+患者画像を279例収集して診断の確認を行った.診断確実例のうち劇症例,死亡例を中心に,ヒト全遺伝子コード領域シークエンス解析(エキソーム解析)を98名(イレッサ肺障害+タルセバ肺障害36名,特発性肺線維症急性増悪45名,ザーコリ肺障害2名,ドセタキセル肺障害15名)に対して施行した.対照として,コーカシアン(53名),中国漢人(68名),日本人(70名)エクソームfastqデータを,1000人ゲノムプロジェクトのデータを収集しているsequence read archiveデータベース(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sra)より取得した.全てのデータは,CLC Genomics Workbench(CLC bio)にてヒトゲノム標準配列(hg19)にmappingした.各患者で,90%以上のexon領域が10回以上読まれていることを確認したのち,Probablistic variant detectionアルゴリズムにて,ヒト標準配列と異なる塩基配列(以下,変異と記す)を取得した.

薬剤性肺障害,特発性肺線維症急性増悪の原因と考えられるGene X(雑誌発表前なので遺伝子名は公表できない)を同定した.年間数千名の死亡原因となっていると想定される遺伝子であるため,厚生労働省に健康危険情報として報告.さらに特許申請を行った.

薬剤性肺障害,特発性肺線維症急性増悪の原因と考えられるGene Xを同定した.本遺伝子の同定は,日本人に頻繁に見られ,致死率の高いびまん性肺胞障害の原因を解明したことになる.次の段階として,本疾患の治療法開発が重要な課題になると考えられる.