研究者情報

研究者番号

日本の研究.com 研究者ID 日本の研究.com : 104330

科研費研究者番号 : 90010694

所属
2007年度
(平成19年度)

独立行政法人海上技術安全研究所・海洋部門・客員研究員

※日本の研究.com内の研究課題情報などから、最近の所属情報を取得しています。研究者の現在の所属とは異なる場合があります。

※このページの内容は引用元からデータを取得した時点の情報のため、実際の情報と異なったり、古い情報が掲載されている可能性があります。
それぞれの情報の詳細や最新の情報については、各引用元サイトをご覧ください。

関連カテゴリ

※日本の研究.com内の研究課題情報に記載されている所属情報などをもとにタイムラインを自動生成してるため、 実際の経歴とは異なります
正確な情報については、研究機関や研究室などで公表されている情報をご確認ください。

※研究者の採択研究課題の内容などから、日本の研究.com独自の分野自動推定アルゴリズムで研究分野の推定を行っております。
詳しくは [ 推定分野について ] をご覧ください。

進行中の研究課題は登録されていません。
研究期間 2007年度~2008年度 (H.19~H.20) 配分総額 4,550,000 円
当時の所属 独立行政法人海上技術安全研究所・海洋部門・客員研究員
研究期間 2005年度~2006年度 (H.17~H.18) 配分総額 3,400,000 円
当時の所属 独立行政法人海上技術安全研究所・海洋部門・客員研究員
研究期間 2001年度~2002年度 (H.13~H.14) 配分総額 3,000,000 円
当時の所属 東海大学・海洋学部・教授
研究期間 1999年度~2001年度 (H.11~H.13) 配分総額 12,300,000 円
代表者 鈴木英之 東京大学・大学院・工学系研究科・助教授
当時の所属 東海大学・海洋学部・教授
研究期間 1997年度~1998年度 (H.9~H.10) 配分総額 21,800,000 円
当時の所属 東京大学・工学系研究科・教授
研究期間 1997年度~1998年度 (H.9~H.10) 配分総額 23,500,000 円
当時の所属 東京大学・工学系研究科・教授
研究期間 1995年度~1996年度 (H.7~H.8) 配分総額 9,200,000 円
代表者 鈴木英之 東京大学・大学院・工学系研究科・助教授
当時の所属 東京大学・大学院・工学系研究科・教授
研究期間 1995年度~1996年度 (H.7~H.8) 配分総額 16,800,000 円
当時の所属 東京大学・大学院・工学系研究科・教授
研究期間 1995年度~1996年度 (H.7~H.8) 配分総額 11,500,000 円
当時の所属 東京大学・大学院・工学系研究科・教授
研究期間 1995年度~1996年度 (H.7~H.8) 配分総額 3,400,000 円
代表者 鈴木英之 東京大学・大学院・工学系研究科・助教授
当時の所属 東京大学・大学院・工学系研究科・教授
研究期間 1994年度~1995年度 (H.6~H.7) 配分総額 10,400,000 円
代表者 小寺山亘 九州大学・応用力学研究所・教授
当時の所属 東京大学・工学部・教授
研究期間 1993年度~1994年度 (H.5~H.6) 配分総額 11,900,000 円
代表者 鈴木英之 東京大学・工学部・助教授
当時の所属 東京大学・工学部・教授
研究期間 1993年度~1994年度 (H.5~H.6) 配分総額 21,300,000 円
当時の所属 東京大学・工学部・教授
研究期間 1992年度~1994年度 (H.4~H.6) 配分総額 2,300,000 円
代表者 鈴木英之 東京大学・工学部・助教授
当時の所属 東京大学・工学部・教授
研究期間 1991年度~1994年度 (H.3~H.6) 配分総額 17,100,000 円
当時の所属 東京大学・工学部・教授
研究期間 1991年度~1992年度 (H.3~H.4) 配分総額 19,600,000 円
代表者 藤野正隆 東京大学・工学部・教授
当時の所属 東京大学・工学部・教授
研究期間 1988年度~1990年度 (S.63~H.2) 配分総額 18,600,000 円
代表者 梶谷尚 東京大学・工学部・教授
当時の所属 東京大学・工学部・教授
研究期間 1987年度~1989年度 (S.62~H.1) 配分総額 19,800,000 円
代表者 大坪英臣 東京大学・工学部・教授
当時の所属 東京大学・工学部・教授
研究期間 1988年度~1990年度 (S.63~H.2) 配分総額 27,000,000 円
当時の所属 東京大学・工学部・教授
研究期間 1988年度~1989年度 (S.63~H.1) 配分総額 8,700,000 円
代表者 大楠丹 九州大学・応用力学研究所・教授
当時の所属 東京大学・工学部・教授
研究期間 1986年度~1987年度 (S.61~S.62) 配分総額 2,000,000 円
当時の所属 東京大学・工学部・教授
研究期間 1986年度~1987年度 (S.61~S.62) 配分総額 5,000,000 円
代表者 為廣正起 広島大学・工学部・教授
当時の所属 東京大学・工学部・教授
研究期間 1985年度~1987年度 (S.60~S.62) 配分総額 27,800,000 円
当時の所属 東京大学・工学部・教授