このエントリーをはてなブックマークに追加
キタウラ マモル / kitaura, mamoru

研究者情報

研究者番号 日本の研究.com : 121926
科研費研究者番号 : 60300571
所属
2014年度
(平成26年度)
山形大学・理学部・准教授
※日本の研究.com内の研究課題情報などから、最近の所属情報を取得しています。研究者の現在の所属とは異なる場合があります。
研究分野 材料工学

関連キーワード

※このページの内容は、日本の研究.com内の研究課題情報などから自動的に生成されています。研究者が実際に専門としている内容とは異なる場合があります。

関連カテゴリ

所属情報

※日本の研究.com内の研究課題情報に記載されている所属情報などをもとにタイムラインを自動生成してるため、
実際の経歴とは異なります。正確な情報については、研究機関や研究室などで公表されている情報をご確認ください。

進行中の研究課題

電子状態解析に基づくガドリニウム含有新規結晶シンチレーターの特性改善

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(C) | 工学 > 材料工学 > 無機材料・物性
研究期間 2014年度~2017年度(平成26年度~平成29年度) 配分総額 4,940,000円
当時の所属 山形大学・理学部・准教授

終了した研究課題

遠赤外領域の電磁波を用いた非平衡加熱による透明セラミックシンチレーターの開発

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(C) | 工学 > 材料工学 > 無機材料・物性
研究期間 2011年度~2013年度(平成23年度~平成25年度) 配分総額 5,330,000円
当時の所属 山形大学・理学部・准教授

二価マンガンイオンを用いた希土類蛍光体代替材料の量子材料設計

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(C) | 元素戦略
研究期間 2008年度~2010年度(平成20年度~平成22年度) 配分総額 4,290,000円
当時の所属 山形大学・理学部・准教授

電子状態解析に基づいたランガサイト系新規圧電結晶の量子材料設計

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 若手研究(B) | 工学 > 材料工学 > 無機材料・物性
研究期間 2005年度~2006年度(平成17年度~平成18年度) 配分総額 2,800,000円
当時の所属 福井工業高等専門学校・一般科目・助教授

科研費でホームページを作ろう!!
日本の研究.comにコンテンツマッチング広告を掲載しませんか?
正社員・アルバイト・パート スタッフ募集しています

お知らせ
日本の研究.comでは、研究発表等のプレスリリースや広告を掲載したい企業様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。

ソーシャルアカウント

公式アカウント

Twitter @researcherjp

ニュースアカウント

Twitter @rjp_news
新着記事・プレスリリース
世界初、空気圧駆動型内視鏡ホルダーロボット発売 -大学発ベンチャーによる革新的手術支援ロボット-

[プレスリリース] 世界初、空気圧駆動型内視鏡ホルダーロボット発売 -大学発ベンチャーによる革新的手術支援ロボット-


東京医科歯科大学 東京工業大学
只野耕太郎
科学研究費助成事業

東京工業大学・精密工学研究所・助教 - 2012年度(平成24年度)
川嶋健嗣
チーム型研究 科学研究費助成事業

東京医科歯科大学・生体材料工学研究所・教授 - 2012年度(平成24年度)
リチウムなどの軽元素を原子レベルで可視化 -軽元素を一つ一つ直接「見る」技術を開発-

[プレスリリース] リチウムなどの軽元素を原子レベルで可視化 -軽元素を一つ一つ直接「見る」技術を開発-


産業技術総合研究所
末永和知
チーム型研究 研究加速課題 科学研究費助成事業

独立行政法人産業技術総合研究所/ナノチューブ応用研究センター/研究チーム長 - 2012年度(平成24年度)
短寿命の放射性同位体11CによるビタミンB1の標識に成功 -ビタミンの体内動態をPETで可視化するための新たな標識法の確立-

[プレスリリース] 短寿命の放射性同位体11CによるビタミンB1の標識に成功 -ビタミンの体内動態をPETで可視化するための新たな標識法の確立-


理化学研究所
土居久志
科学研究費助成事業

独立行政法人理化学研究所・研究員 - 2012年度(平成24年度)
磁石に電界を加えることでS極とN極が変わる際の摩擦の起源を明らかに-磁気的摩擦の起源に電気的制御により迫る-

[プレスリリース] 磁石に電界を加えることでS極とN極が変わる際の摩擦の起源を明らかに-磁気的摩擦の起源に電気的制御により迫る-


東北大学
松倉文礼
科学研究費助成事業

東北大学・教授 - 2014年度(平成26年度)
大野 英男
個人型研究 総括実施型研究 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 革新的研究開発推進プログラム

東北大学 省エネ・スピン集積センター - 2014年度(平成26年度)
膜孔形成毒素の作用を直接観察により解明 -膜孔形成毒素は脂質膜の再編成も引き起こす-

[プレスリリース] 膜孔形成毒素の作用を直接観察により解明 -膜孔形成毒素は脂質膜の再編成も引き起こす-


理化学研究所

もっと見る

研究者アクセスランキング
1位:

林嵜和彦

科学研究費助成事業

福岡教育大学・教育学部・准教授 - 2013年度(平成25年度)
2位:

小保方晴子

科学研究費助成事業

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター ユニットリーダー - 2012年度(平成24年度)
3位:

岡宮智史

科学研究費助成事業

群馬大学・医学部・助教 - 2008年度(平成20年度)
4位:

福島裕馬

科学研究費助成事業

東北大学・特別研究員(DC1) - 2013年度(平成25年度)
5位:

水島徹

個人型研究 科学研究費助成事業 厚生労働省 農林水産省

慶應義塾大学・薬学部・教授 - 2015年度(平成27年度)

もっと見る

研究課題アクセスランキング
詳細検索: 研究者 | 課題 | 記事

※事業区分について