このエントリーをはてなブックマークに追加
イサガワ ノブユキ / isagawa, nobuyuki

研究者情報

研究者番号 日本の研究.com : 140002
科研費研究者番号 : 90273755
所属
2013年度
(平成25年度)
神戸大学・経営学研究科・教授
※日本の研究.com内の研究課題情報などから、最近の所属情報を取得しています。研究者の現在の所属とは異なる場合があります。
研究分野 経済学

関連キーワード

※このページの内容は、日本の研究.com内の研究課題情報などから自動的に生成されています。研究者が実際に専門としている内容とは異なる場合があります。

関連カテゴリ

所属情報

※日本の研究.com内の研究課題情報に記載されている所属情報などをもとにタイムラインを自動生成してるため、
実際の経歴とは異なります。正確な情報については、研究機関や研究室などで公表されている情報をご確認ください。

進行中の研究課題

企業価値評価におけるプレミアムとディスカウントの実証研究

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(C) | 社会科学 > 経済学 > 経営学
研究期間 2013年度~2016年度(平成25年度~平成28年度) 配分総額 4,940,000円
当時の所属 神戸大学・経営学研究科・教授

終了した研究課題

市場型間接金融とリスクの市場化:銀行・保険・企業金融の統合アプローチ

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(B) | 社会科学 > 経済学 > 財政学・金融論
研究期間 2010年度~2013年度(平成22年度~平成25年度) 配分総額 17,290,000円
代表者 藤原賢哉 科学研究費助成事業 神戸大学・経営学研究科・教授
当時の所属 神戸大学・経営学研究科・教授

企業の不動産戦略と企業価値に関する実証研究と事例研究

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(C) | 社会科学 > 経済学 > 経営学
研究期間 2010年度~2012年度(平成22年度~平成24年度) 配分総額 4,160,000円
当時の所属 神戸大学・経営学研究科・教授

グローバル競争下でのわが国企業の財務戦略-ペイアウト政策を中心とした実証的分析-

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(B) | 社会科学 > 経済学 > 経営学
研究期間 2008年度~2010年度(平成20年度~平成22年度) 配分総額 14,820,000円
代表者 花枝英樹 科学研究費助成事業 一橋大学・総合政策学部・教授
当時の所属 神戸大学・大学院・経営学研究科・教授

わが国企業のペイアウト政策に関する定量的・定性的研究

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(C) | 社会科学 > 経済学 > 経営学
研究期間 2006年度~2008年度(平成18年度~平成20年度) 配分総額 4,000,000円
当時の所属 神戸大学・大学院経営学研究科・教授

行動ファイナンスに関する実証研究-企業と家計のファイナンス行動のパズルの解明-

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(B) | 社会科学 > 経済学 > 経営学
研究期間 2005年度~2006年度(平成17年度~平成18年度) 配分総額 7,800,000円
代表者 城下賢吾 科学研究費助成事業 山口大学・経済学部・教授
当時の所属 神戸大学・大学院経営学研究科・助教授

融資時の企業判断にかかわる意思決定プロセスの実験的研究

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(C) | 社会科学 > 経済学 > 経営学
研究期間 2004年度~2006年度(平成16年度~平成18年度) 配分総額 3,600,000円
代表者 梶原晃 科学研究費助成事業 神戸大学・経済経営研究所・助教授
当時の所属 神戸大学・経済経営研究所・助教授

株式持合い解消と企業財務のリストラクチャリングに関する理論的・実証的研究

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 若手研究(B) | 社会科学 > 経済学 > 経営学
研究期間 2004年度~2005年度(平成16年度~平成17年度) 配分総額 3,200,000円
当時の所属 神戸大学・大学院経営学研究科・助教授

エクイティ・ストラテジーと企業の長期パフォーマンスに関する理論的・実証的研究

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 若手研究(B) | 社会科学 > 経済学 > 経営学
研究期間 2002年度~2003年度(平成14年度~平成15年度) 配分総額 3,500,000円
当時の所属 神戸大学・経営学研究科・助教授

少子高齢化社会における企業と家計の投資・消費行動に関する国際比較研究

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(A) | 社会科学 > 経済学 > 経営学
研究期間 2001年度~2004年度(平成13年度~平成16年度) 配分総額 32,760,000円
代表者 榊原茂樹 科学研究費助成事業 神戸大学・大学院・経営学研究科・教授
当時の所属 神戸大学・大学院・経営学研究科・助教授

企業の財務構造(資本構成,株主構成)と経営者行動の相互依存関係の研究

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 奨励研究(A) | 社会科学 > 経済学 > 経営学
研究期間 1998年度~1999年度(平成10年度~平成11年度) 配分総額 1,700,000円
当時の所属 神戸大学・大学院・経営学研究科・助教授

科研費でホームページを作ろう!!
日本の研究.comにコンテンツマッチング広告を掲載しませんか?
正社員・アルバイト・パート スタッフ募集しています

お知らせ
日本の研究.comでは、研究発表等のプレスリリースや広告を掲載したい企業様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。

ソーシャルアカウント

公式アカウント

Twitter @researcherjp

ニュースアカウント

Twitter @rjp_news
新着記事・プレスリリース
本学教員らが第13回(平成27年度)産学官連携功労者表彰 日本経済団体連合会会長賞を受賞

[プレスリリース] 本学教員らが第13回(平成27年度)産学官連携功労者表彰 日本経済団体連合会会長賞を受賞


東京理科大学
小林宏
個人型研究 科学研究費助成事業

東京理科大学・工学部・准教授 - 2005年度(平成17年度)
ヒトゲノム内のRNAウイルス由来配列の制御機構と遺伝子発現への影響を解明 -ウイルス共進化の解明と新たなウイルス防御機構の発見に道を開く-

[プレスリリース] ヒトゲノム内のRNAウイルス由来配列の制御機構と遺伝子発現への影響を解明 -ウイルス共進化の解明と新たなウイルス防御機構の発見に道を開く-


京都大学
本田知之
科学研究費助成事業

京都大学・ウイルス研究所・助教 - 2013年度(平成25年度)
DNAオリガミの2次元自己集合化に成功 -ナノ~マイクロ空間での自在な分子配置も可能に-

[プレスリリース] DNAオリガミの2次元自己集合化に成功 -ナノ~マイクロ空間での自在な分子配置も可能に-


京都大学
遠藤政幸
科学研究費助成事業

京都大学・准教授 - 2015年度(平成27年度)
鈴木 勇輝
科学研究費助成事業

京都大学・理学(系)研究科(研究院)・研究員 - 2015年度(平成27年度)
杉山 弘
チーム型研究 発展研究 研究成果最適展開支援プログラム 科学研究費助成事業 革新的バイオ医薬品創出基盤技術開発事業

京都大学 理学研究科 教授 - 2014年度(平成26年度)
新素材「マリンナノファイバー」初の商品化 ~多機能オールインワンミルク『素肌しずく うるおいミルク』を全国で新発売します ~

[プレスリリース] 新素材「マリンナノファイバー」初の商品化 ~多機能オールインワンミルク『素肌しずく うるおいミルク』を全国で新発売します ~


鳥取大学
伊福伸介
研究成果最適展開支援プログラム 科学研究費助成事業 知的財産戦略センター

鳥取大学・工学(系)研究科(研究院)・准教授 - 2014年度(平成26年度)
外来種の侵入 環境DNAで暴く

[プレスリリース] 外来種の侵入 環境DNAで暴く


神戸大学 兵庫県立大学 大阪大谷大学
源利文
チーム型研究 科学研究費助成事業

神戸大学・人間発達環境学研究科・助教 - 2014年度(平成26年度)
内井 喜美子
科学研究費助成事業

大阪大谷大学・薬学部・助教 - 2014年度(平成26年度)
土居秀幸
科学研究費助成事業

広島大学・その他 - 2012年度(平成24年度)

もっと見る

研究者アクセスランキング
1位:

小保方晴子

科学研究費助成事業

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター ユニットリーダー - 2012年度(平成24年度)
2位:

笠井康子

社会技術研究開発センター 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業

独立行政法人情報通信研究機構/電磁波計測研究センター/主任研究員 - 2013年度(平成25年度)
3位:

新井好司

科学研究費助成事業

長岡工業高等専門学校・一般教育科・准教授 - 2008年度(平成20年度)
4位:

大谷拓也

科学研究費助成事業

早稲田大学・特別研究員(DC1) - 2013年度(平成25年度)
5位:

赤松恵美

科学研究費助成事業

県立広島大学・准教授 - 2014年度(平成26年度)

もっと見る

研究課題アクセスランキング
詳細検索: 研究者 | 課題 | 記事

※事業区分について