このエントリーをはてなブックマークに追加
ishino, hideaki

研究者情報

研究者番号 日本の研究.com : 527568
科研費研究者番号 : 80346269
所属
2009年度
(平成21年度)
兵庫教育大学・学校教育研究科・准教授
※日本の研究.com内の研究課題情報などから、最近の所属情報を取得しています。研究者の現在の所属とは異なる場合があります。
研究分野 社会科学

関連キーワード

※このページの内容は、日本の研究.com内の研究課題情報などから自動的に生成されています。研究者が実際に専門としている内容とは異なる場合があります。

関連カテゴリ

所属情報

※日本の研究.com内の研究課題情報に記載されている所属情報などをもとにタイムラインを自動生成してるため、
実際の経歴とは異なります。正確な情報については、研究機関や研究室などで公表されている情報をご確認ください。

進行中の研究課題

進行中の研究課題は登録されていません。

終了した研究課題

幼稚園教員養成スタンダーズに基づく実習評価規準の開発とその活用に関する研究

独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業 > 基盤研究(C) | 社会科学 > 教育学
研究期間 2008年度~2010年度(平成20年度~平成22年度) 配分総額 2,340,000円
代表者 別惣淳二 科学研究費助成事業 兵庫教育大学・学校教育研究科・准教授
当時の所属 兵庫教育大学・学校教育研究科・准教授

科研費でホームページを作ろう!!
日本の研究.comにコンテンツマッチング広告を掲載しませんか?

お知らせ
日本の研究.comでは、研究発表等のプレスリリースや広告を掲載したい企業様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。

ソーシャルアカウント

公式アカウント

Twitter @researcherjp

ニュースアカウント

Twitter @rjp_news
新着記事・プレスリリース
アルマ望遠鏡、巨大ブラックホール周囲に驚くほどマイルドな環境を発見

[プレスリリース] アルマ望遠鏡、巨大ブラックホール周囲に驚くほどマイルドな環境を発見


上越教育大学 総合研究大学院大学 東京大学 国立天文台 名古屋大学
中島拓
科学研究費助成事業

国立天文台・研究員 - 2010年度(平成22年度)
泉 拓磨
科学研究費助成事業

東京大学・特別研究員(DC1) - 2014年度(平成26年度)
河野孝太郎
科学研究費助成事業

東京大学・理学(系)研究科(研究院)・教授 - 2013年度(平成25年度)
田村陽一
科学研究費助成事業

東京大学・理学(系)研究科(研究院)・助教 - 2013年度(平成25年度)
濤崎智佳
科学研究費助成事業

上越教育大学・学校教育研究科(研究院)・准教授 - 2014年度(平成26年度)
高強度化と超短パルス化を両立させる ファイバーレーザー装置の開発に成功 ― 材料加工、医療などの広範な分野への活用が期待 ―

[プレスリリース] 高強度化と超短パルス化を両立させる ファイバーレーザー装置の開発に成功 ― 材料加工、医療などの広範な分野への活用が期待 ―


東京農工大学
三沢和彦
独立行政法人科学技術振興機構 チーム型研究 科学研究費助成事業

東京農工大学/工学(系)研究科(研究院)/教授 - 2012年度(平成24年度)
鳥塚健二
チーム型研究

産業技術総合研究所 光技術研究部門 副部門長 グループリーダー - 2006年度(平成18年度)
iPS細胞の品質を維持する装置の開発に成功! 近畿大学医学部、シンフォニアテクノロジー株式会社、三重大学医学部の共同研究チーム

[プレスリリース] iPS細胞の品質を維持する装置の開発に成功! 近畿大学医学部、シンフォニアテクノロジー株式会社、三重大学医学部の共同研究チーム


近畿大学 三重大学
福田寛二
科学研究費助成事業

近畿大学・医学部・教授 - 2013年度(平成25年度)
コカイン依存形成のメカニズム -脳幹の神経活動を抑制することで薬物欲求が抑制されることを発見-

[プレスリリース] コカイン依存形成のメカニズム -脳幹の神経活動を抑制することで薬物欲求が抑制されることを発見-


北海道大学
南雅文
科学研究費助成事業 厚生労働省

北海道大学・薬学研究科(研究院)・教授 - 2014年度(平成26年度)
金田勝幸
科学研究費助成事業

北海道大学・薬学研究科(研究院)・准教授 - 2014年度(平成26年度)
リウマチ発症に関与するシノビオリン遺伝子をノックアウトしたマウスで 体重と脂肪の顕著な減少を確認 シノビオリン阻害剤による、肥満、糖尿病などのメタボリックシンドロームに対する 革新的治療法開発に期待

[プレスリリース] リウマチ発症に関与するシノビオリン遺伝子をノックアウトしたマウスで 体重と脂肪の顕著な減少を確認 シノビオリン阻害剤による、肥満、糖尿病などのメタボリックシンドロームに対する 革新的治療法開発に期待


東京医科大学
藤田英俊
科学研究費助成事業

東京医科大学・医学部・講師 - 2014年度(平成26年度)
中島利博
個人型研究 科学研究費助成事業 厚生労働省 独立行政法人医薬基盤研究所

東京医科大学・医学部・教授 - 2013年度(平成25年度)

もっと見る

研究者アクセスランキング
1位:

濱田浩美

科学研究費助成事業

千葉大学・教育学部・准教授 - 2012年度(平成24年度)
2位:

小保方晴子

科学研究費助成事業

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター ユニットリーダー - 2012年度(平成24年度)
3位:

宮本謙治

科学研究費助成事業

九州歯科大学・歯学部・助手 - 1993年度(平成5年度)
4位:

岡田美智雄

個人型研究 科学研究費助成事業

大阪大学・理学(系)研究科(研究院)・教授 - 2014年度(平成26年度)
4位:

松村創平

科学研究費助成事業

山形大学・医学部 - 2014年度(平成26年度)

もっと見る

研究課題アクセスランキング
詳細検索: 研究者 | 課題 | 記事

※事業区分について